バーンアウト症候群

バーンアウト症候群は、バリバリ仕事をしてきた人、
責任感が強く真面目な人が係りやすい心の病で、
突然無気力に陥り、燃え尽きてしまったように、
やる気を失ってしまう状態のことを言います。

バーンアウト症候群は、誰でも陥る恐れがあります。

特に、医師や看護師などの医療・福祉関係者に多い症状で、
一生懸命に治療や看護をしていた患者さんが、
その甲斐なく亡くなった後に陥るなどがあります。

また、子育てが生きがいだった専業主婦が子育てを終えたときや、
勉強に励んできた受験生が受験を終えたとき、
オリンピックを目指して練習を重ねてきたスポーツ選手が
見事メダルを獲得した後などにも症状が出る人がいます。

バーンアウト症候群の症状

・肩こり
・胃痛
・不眠
・頻繁な頭痛
・疲労感
・今まで楽しかったことが楽しくない
・いつも不安を感じる
・集中できない
・悲観的になる
・希望が感じられない
・常に欲求不満
・怒りっぽい
・食事を摂らない
・働いても成果が上がらない
・ひとりで食事をすることが増える

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ