マズローの欲求5段階説

アメリカの心理学者マズローは、ヒトの欲求を5つの階層に分けて考えました。

そして、下層の欲求が満たされると、一つ上の階層の欲求が芽生えるというように、欲求はステップアップし、最終的に、自己実現の欲求に向かっていくと説いています。

マズローは、人間性心理学の生みの親とされる心理学者です。

マズローが唱えた欲求5段階説は、
自己実現理論とも呼ばれていて、心理学のみならず、
経営学など、様々な分野でも活用されています。

マズローの欲求5段階説

(1) 生理的欲求

生理的欲求は、最も下層の階層です。

食欲や睡眠欲、性欲など、生命維持のための根源的な欲求です。

(2) 安全の欲求

本能的な欲求が満たされると、次は、生命を脅かす危険を
回避したいと言う欲求が生まれます。

戦争や天災、病気から逃れたい、
衣服や住居等を安定的に維持したいという欲求です。

(3) 愛情と所属の欲求

生理的欲求と安全の欲求が満たされると、
他者から愛されたい、何かに所属したいと言う
「愛情と所属の欲求(親和欲求)」が生まれ、
集団や仲間を求める様になります。

(4) 承認の欲求(自尊の欲求)

自分が価値のある存在だと認められ、
賞賛されたい、尊敬されたいという欲求が生まれます。

(5) 自己実現の欲求

最も上層の階層です。

創作的活動などを通じて、自己の成長を図ったり、
あるべき自分になりたいという欲求が生まれます。

「成長欲求」とも呼ばれています。

自己実現の欲求の階層にある人が、病気などにかかると、
安全の欲求を感じることもありますが、
病気が治ると、再び上の階層に戻ります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ