クライマックス法とアンチ・クライマックス法

相手に自分の意見を認めさせるためには、
場によって話の仕方を変えることが必要です。

それが、クライマックス法とアンチ・クライマックス法で、
一般的には、クライマックス法で話しかけてくる相手には、
クライマックス法で話を返す事を好み、
アンチ・クライマックス法で話しかけてくる相手には、
アンチ・クライマックス法で話を返す事を好みます。

クライマックス法

話し方

先に説明をしておいて、最後に結論を述べる話し方。

好むタイプ

前置きや形式にこだわる人、粘り強い人。

効果的な状況

面談・面接など、相手がこちらの話に興味を持っている場合。

アンチ・クライマックス法

話し方

先に結論を言っておいて、後から説明づける話し方。

好むタイプ

論理的で合理的な考え方をする人。

効果的な状況

相手に聞く準備ができていない場合、相手が全く話すないように興味がない場合。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ