スティンザーの3原則

スティンザーの3原則とは、アメリカの心理学者スティンザーが、
小集団の生態の研究によって発見した原則です。

会議なっで席の座り方や発言の流れなどに見られる、
以下の3つの現象のことを言います。

(1) 敵対的な相手(以前口論した相手など)は正面に座る傾向がある。

対応: 敵対心むき出しの人が正面にいると話しにくいため、知っている人に正面に座ってもらうようにします。
または事前にその人への対応策を考えておきます。

(2) 議長(司会者)のリーダーシップが弱いときは、私語は向かい合わせの席同士で起こり、議長(司会者)のリーダーシップが強いときは、隣同士で私語が起こります。

対応: 議長となる人のリーダーシップ力が把握できます。

(3) 会議では、ひとりの発言が終わった後、次に発言する人は反対意見を述べる傾向がある。

対応: 反対意見が出される前に、賛成意見をすぐに言ってもらえるように根回ししておきます。
また、反対されても冷静さを保つようにしたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ