スリーセット理論

スリーセット理論とは、人は初めて会った人の印象や評価を、
初対面から3回目でかなり固定化してしまうという理論です。

それより以降は、最初に創り上げた印象を強める事にしかなりません。

「自分の良いところをゆっくり理解して欲しい。」という人がいますが、
一度印象や評価が固定してしまえば、それは難しいのです。

ですから、人と人の出会いの印象は、初対面の印象がとても大切です。

スリーセット理論の流れ

初対面

大雑把に第一印象を決める。
もしかしたら、こういう人なのかな?という印象らしきものをつくりあげます。

2回目

印象を再判定する。
最初の自分の判定が正しかったのか、もう一度判定しようとします。

3回目

印象を確認する。
単なる確認であり、相手の印象を固定化します。

4回目以降

印象を強める。
最初の印象をさらに強めていきます。
この段階になると、その印象を変化させていくのは難しいです。

このようなことから、同じ人に3回会って、自分に対して好印象を持ってもらえない場合は、
無理に親密になろうとしないほうが良いと考えます。

少し距離を置いてから、再び会ったほうが良いのではないでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ